E6b39f50e0e4ced1434d507b3cd82d12
あしたもいい日♪

アルプス五大名峰を巡る

2018/07/26 00:36 旅行・お出かけ


我が家の旅行は、たいてい夫が企画。

地理にも歴史にも疎い私は、ほぼおまかせで予備知識不足・・


でも、

スイスの山も、草原も、街も、

理屈なしに、美しく、すばらしかったです。

こんな風景が間近に見られることに感動。

「アルプスの少女ハイジ」のメロディーが頭の中をぐるぐる。

スキップしたくなる毎日でした。


五大名峰を巡る旅だったのでまずは山と氷河の記録です。

7月15日

ピッツベルニナ(4049m)とモンテラッチ氷河  ディアボレッツァ展望台より


7月16日

サースフェーより  ミシャベルアルプスとフェー氷河

山もすごいけれど、

氷河の迫力がすごい。見入ってしまいます。氷河、大好きです。

7月17日

ゴルナーグラート展望台(3089m)より

モンテローザ(4634m)とゴルナー氷河



マッターホルン(4478m)

頂上が見えそうで見えず・・







ローテンボーデン~リッフェルベルク間をハイキング

マッターホルンばかり見上げていました。

7月18日

朝6:30のマッターホルン


てっぺんから少しずつ

朝日を浴びて

オレンジに染まります。


ツェルマットのホテル近くに、

鑑賞スポットの橋があり、

そこは主に日本人が集結。

神々しくありがたく感じるのかな。


日本人橋と呼ばれるらしい。



シャモニー(フランス)(1035m)からロープウェー2つ乗り継ぎ20分。 

エギーユ・デュ・ミディ展望台(3842m)に上って・・


この日は快晴。

モンブラン(4810m)


グランドジョラス (4208m)

たった20分で2800mを一気に上るって、なんてすごいことでしょう。

登山のエキスパートでもない観光客がだれでも、

4000m越えの山々を間近に見ることができるんですものね。

7月19日

ユングフラウ登山鉄道を乗り継ぎ、ユングフラウヨッホへ。

スフィンクス展望台(3571m)より

メンヒ 4107m


ユングフラウ 4158m


アレッチ氷河

ユングフラウ登山鉄道は、

アイガーの山の中をくりぬき、さらにメンヒの山の中を通って、

ユングフラウヨッホまで、ほとんどトンネル。急こう配を登ります。

16年の年月をかけて1912年に全線開通。

こんなとんでもないことを100年以上も前に!

ほんとに、たいへんなことだったでしょうね。


歴史ある街も、遺跡も魅力的だけれど、

大自然そのものって、やっぱり迫力がすごい。

雨に降られることもなく、雄大な自然を堪能出来て、感謝でした。


時系列にそって、思い返してみましたが、

マッターホルン以外は、名前が間違ってるかも??

間違えてたらごめんなさい・・

クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください